女子高校生が柿の葉ずし作り挑戦

地元の食文化を学ぼうと、奈良県大和高田市の女子高校生たちが、奈良を代表する郷土料理、「柿の葉ずし」作りに挑戦しました。

柿の葉ずし作りに挑戦したのは大和高田市の高校に通う女子生徒14人で、地域の食文化を学ぶ授業の一環で吉野町にある老舗の柿の葉ずし専門店を訪れました。
柿の葉ずしは江戸時代から伝わる奈良を代表する郷土料理の1つで、生徒たちは職人の手ほどきを受けながら、柿の葉の上にさばやさけの切り身とすし飯をのせて丁寧に包んでいきました。
そして、できたすしを1つずつ、吉野杉でできた押し箱に敷き詰めていきました。
柿の葉ずしは、このあと一日置けばできあがりだということで、生徒たちはそれぞれ自宅に持ち帰って食べるということです。
参加した生徒の1人は「初めての体験でしたが、思ったよりも上手にできました。家族みんなで楽しく食べたいです」と話していました。